お知らせ
きれいな目を持っている女性

魅力的な目元を演出するために、マツエクやつけまをしたりマスカラとビューラーを併用している方も多いです。ぱっちりとした目は美人の定義でもありますし、美容意識の高い方の間では定番の方法でもあります。しかしどれもまつ毛には負担やダメージを与えてしまう方法ですし、男性からは盛りすぎたメイクは不評だったりします。そこで今話題のまつ育をしてナチュラルメイクを目指してみましょう。おすすめアイテムはルミガン、そしてジェネリックのケアプロストです。

まつ毛の育毛剤は長く継続的に使う

まつ育のためのアプローチとしては、まつ毛育毛剤を使う事が効果的です。マツエクやつけまであったりマスカラやビューラーを使ったアイメイクを毎日していると、まつ毛には大きな負担とダメージが与えられてしまいます。切れたり抜けたり乾燥したりして、キューティクルが傷んだり細くなって少なくなってきたなと感じた時こそ入念にケアする必要があります。

美容外科クリニックや眼科、また皮膚科などで睫毛貧毛症で処方される定番のまつ毛育毛剤はルミガンです。元々は緑内障の治療や高眼圧症の治療で使われていましたが、緑内障点眼薬の副作用でまつ毛が伸びることを利用して育毛のために処方されるようにもなりました。まつ毛が濃く、長くなるという特徴があり、これは毛周期に作用しているからです。

毛髪のヘアサイクルは通常4年~7年程度で成長したり抜けたりしますが、まつ毛の場合は4か月程度です。その中で生え始めの成長初期、ぐんぐん伸びる成長期、そして成長が止まる休止期や抜け落ちる退行期などのサイクルがあります。ルミガンにはこの成長期を延ばす効果がありますので多くの方が2ヶ月ぐらい使うと伸びてきたなと実感し、MAXで伸ばすためには4か月ぐらいは使用する必要があります。髪の毛はそのヘアサイクルが何年もあるためもっと長く伸ばすことが出来ますが、まつ毛の場合には4か月程度で抜けるのです。育毛剤を使うのをストップしてしまうと、その効果は無くなり元に戻るという現象が起きてしまいますので、長くふさふさの状態にするためには継続的に使う事が大事です。

使用した方の口コミにおいても、1~2ヶ月ぐらいで今までより伸びて濃くなってきたと寄せている方が多いです。緑内障や高眼圧症の治療で点眼薬として使っていた方の副作用の出方をみても、多毛化するというのは多くの方に現れていますので、ふさふさに育てるという目的として使っていく事はメリットともなるのです。

マツエクやつけまをすれば、欧米人のように長く密度も高く、そしてカールも自分好みにすることが出来ます。しかしナチュラル感と求めるとなるとそれは難しいですし、男性の間では実は不評ということもありますのでまつ育をして自然で魅力的な自まつ毛にするというのはお勧めです。

ケアアイテムにはまつげ美容液というものも出ています。こちらはドラッグストアで市販されていますし、種類も豊富で沢山並べられていて手軽に購入することが出来ます。医薬品の成分は含まれておらず化粧品という分類なため、副作用もほとんどないですし天然由来の成分で出来ている物であれば敏感肌の方でも安心して使えます。美容液は保湿や整肌成分でまつげとそれが生えるための土台でもあるまぶたのトリートメントをすることで、ハリコシのある状態に出来ます。しかし育毛効果のある成分は配合されていないため、長く濃く、そしてボリュームのある状態にするのは難しいです。お手軽価格で使いやすいという点ではメリットもありますが、大きい効果を求めるのであれば育毛剤を使う方が良いでしょう。

ヘアサイクルにも関係してきますので、成長期を延ばすべくまずは4か月ぐらいは継続して使っていく事です。副作用が全くないわけではありませんので、使用の際にはきちんと確認しましょう。就寝前に清潔にした状態で、専用のアプリケーターを使用してまつ毛の生え際に塗るのですが、綿棒を使うのは止めましょう。

ケアプロストの成分と効果

貧毛症の治療薬として、美容外科クリニックや眼科、また皮膚科などでまつ毛育毛剤として処方される事が多いルミガンですが、美容目的となれば保険は適応されません。自由診療の場合には各クリニックで設定されている診察と薬代を含めた費用は異なりますので、事前にサイトなどで確認をしてから受診すると安心です。意外と費用の幅がありますので、確認しないで通院し始めてしまうと、実はかなり高かったと後で知る事もあるかもしれません。

ちなみにより安い費用で使いたい場合には、ルミガンのジェネリック医薬品を使うのもオススメです。ジェネリックは先行薬が出てから一定期間経過すると販売されることがありますが、成分や配合量などは同じですので開発費がかけられていない分薬価が安いのが特徴です。様々な医薬品でジェネリックが登場しており、特に継続してその薬を使いたいという患者さんにとってはお値段が安くなるのでメリットは大きいです。さらに保険が適用とならない治療や処方の場合には、ジェネリックの方がかなり安くなる事も想定されます。

ルミガンのジェネリックではケアプロストという名前の育毛剤が出ています。ルミガンとケアプロストの成分の違いはなく配合されている量も同量ですので、同じように使っていく事が出来ます。それでいて薬価は安くなっていますので、ある程度の期間は継続して使わないと効果が分からない薬ですし、コストを考えた時にはお勧めです。

ルミガンは元々緑内障や高眼圧症の治療で使われていましたが、配合されているビマトプロストという成分によって眼圧を下げるという効果があります。その治療を行っていた患者さんの多くに多毛化するという副作用が出たため、その副作用に注目されて今では睫毛貧毛症の治療でも使われるようになったという背景があります。育毛剤として使用する際には、アプリケーター(ブラシ)を使って生え際部分に塗るという使用方法になりますが、目に入ってしまいますと眼圧を下げてしまうという副作用が生じます。もちろん点眼する方法ではないので、入ってしまったとしても微量であることから過度な心配は要らないでしょう。

ビマトプロストは、毛周期の成長期を延長させる事が出来ます。まつ毛にも毛周期がありますし、成長初期、成長期、休止期、退行期とある中の成長期の期間が延長されれば長く伸びてボリュームも出てきます。その効果を感じ始めるまでには1~2ヶ月かかり、さらに続けていくと3~4か月でまつげが伸びる最大の長さまでいきます。そこまで伸びますとあとは休止期に入っていくわけですが、まつげ美容液にはない育毛成分が配合されているという点でとても優れていますし、ほとんどの方がまつげが長く濃くなったと変化が出るのがメリットです。

ルミガンにもケアプロストにも同様の成分が入っていますし、使い方も同様です。ジェネリックのケアプロストはクリニックでは取り扱われていないケースも多いので、個人輸入で購入するのがおすすめです。個人輸入といっても代行業者を介して行う一般的な通販とあまり変わりませんし、とても簡単な手続きで取り寄せられます。まとめ買いをすればお安くなりますし、送料が無料になる事もあるのでお得です。まつ毛を伸ばしたいなら通販でケアプロストを注文して使用してみるといいです。保険適用されないので、診察を受けて薬を処方してもらうとなると高額な治療費がかかってしまいますが、個人輸入を利用する事でコストを抑えられると口コミでも評価が高いです。