• ホーム
  • まつ毛にダメージを与えてしまう5つの行為

まつ毛にダメージを与えてしまう5つの行為

2020年01月04日

まつ毛を育毛しようとしても、行った対応によってダメージを与えてしまっていては元も子もありません。知らずにしてしまっていることが実は負担となっているという事もありますし、どういった事が良くないのか、5つのポイントがありますのでまずはそれを知る事から始めましょう。

目をこするのは、皮膚やまつ毛に摩擦がかかったり毛母細胞を傷つけてしまう可能性がありますので良くありません。花粉症やアレルギーでかゆみが出てしまうと、無意識に目をこする行為をしてしまいがちですが、意識をして擦らないように気をつけましょう。

過度なアイメイクはまつ毛の成長にも影響が出ます。特に気を付けたいのはマスカラとビューラーの併用です。マスカラはまつ毛が硬くなるので、ビューラーの方を後で使ってしまうと切れたり抜けると言ったことが起こります。ビューラーとマスカラを併用する時には、ビューラーを先に使うようにしましょう。ホットビューラーというのもありますが、熱を加えるぶんカールが持続しやすいメリットはありますが、はさんでカールさせるタイプはダメージも大きいです。まつ毛ヒーターであればとかすだけですので、手軽で角度がつきすぎる事はありません。

アイメイクの中でも、1番影響するのが付けまつ毛とエクステです。付けまつ毛は生え際ギリギリにグルーを付けたものを直接乗せるので、かぶれやかゆみが生じる事もあります。エクステは1本1本の毛に接着剤を付けたものを付けていきます。毛1本といえどもまつ毛に付けるわけですので、重さで抜けることもあれば、エクステが重くて取れてしまう時に自まつ毛も一緒に抜けてしまう事がります。

煙草は百害あって一利なしと昔から言われたものですが、まつげを痛める原因になっている喫煙をなかなか止められないという方も多いのではないでしょうか。喫煙する事で一酸化炭素が体内に蓄積されますので、血行不良に陥りやすいです。

それでなくても女性は筋肉量が少なく代謝も低い体質傾向があります。血流が悪くなって体が冷えたりむくんだりしてしまって悩む場合も多いです。もし喫煙をしているということでしたら、禁煙を考えてみるのも一つの手です。そのためにはどうすればよいかを考える事も大事なポイントです。

知らず知らずのうちにまつ毛を痛める行動をしているかもしれません。今挙げたこれらの事を守っていけば安心です。まずは出来る事からどんどん始めていきましょう。