まつ毛を育む美容方法

2019年11月29日

太く長く濃く、魅力的なまつ毛に育毛したいのであれば、毎日のケアも重要です。セルフで行うケアであればタダでできますし、それだけで育毛効果にも影響してきます。まず何をすれば良いか知る事から始めていきましょう。

一番重要なポイントは血行促進を心がけることです。毛髪なども同様ですが血液によって育毛にも必要な栄養が運ばれていきますので、血行不良が起これば育毛と発毛の観点ではデメリットが生じます。そこで行いたいのがマッサージです。ホットタオルで目元を温めてから行えば効果的です。入浴後や入浴中に行うのもおすすめですが、温まっていない時にはホットタオルを使いましょう。

ホットタオルは水で濡らしたタオルを電子レンジで加熱して、丁度良い温度になったら目元に充てて温めます。じんわりしてきたところでマッサージですが、ツボを意識して押したり弱めたりして血行を促します。眉毛の下に骨がありますので、目元から目尻にかけてその骨に沿ってツボを意識しておしていきます。その時の注意点として、眼球に傷をつけてしまわないように優しい力で行うことです。目の下も同様に骨に沿って押したり弱めたりしながら目尻に向けて押していきます。続いてリンパの流れを意識してすっと流すようにゆっくりさすります。軽い力でもリンパは流れていきますのであまり力を入れずに行いましょう。最後にこめかみのあたりに指を当てて、くるくると回せば完了です。

まつ毛のハリとコシのある状態にしたければ、保湿と整肌効果のあるまつ毛用の美容液を使います。育毛効果はありませんが、乾燥を防ぎ健康なまつ毛が生えてくるための土台を整える効果とまつ毛自体のキューティクルに作用します。美容液はドラッグストアで簡単に手に入りますし、美容効果も高いので使ってみる価値があります。

内側からのケアを考えた時に、必要な栄養素を十分に摂取することは重要です。主にタンパク質がまつ毛には重要な成分ですので、タンパク質やそれを作るためのアミノ酸など、普段の食事で足りていない時にはサプリメントで摂取します。サプリメントにはそのほかの美容効果や健康的なメリットが加えられているものもあるので、ニーズに合わせて選んでいきましょう。

まつ毛やその生え際が汚れていると、健康なまつ毛は生えてきません。土台を整える意味でもまつ毛シャンプーはお勧めです。まつ毛シャンプーは目元専用なので目に入りにくく作られていますし、保湿成分も配合されていてお肌の状態が整います。